プログラミングの学習ならUdemyがおすすめです!詳細はこちら

GoogleサーチコンソールURL検査とは【簡単に解説】

GoogleサーチコンソールのURL検査とは?どうやって使うの?

という疑問にお答えします。

GoogleサーチコンソールのURL検査とは?

url検査とは、Fetch as Googleの代わりとなるツールです。

インデックス登録をリクエストできる機能になっています。

インデックスとは、検索エンジンにサイトを登録することです。

サイトを登録するには、サイトを巡回して検索エンジンに登録してくれるクローラーという

プログラムに自分のサイトの情報を収集してもらう必要があります。

そこでurl検査ツールは、クローラーに自分のサイトを巡回してください。というお願いが

できるツールです。

なので記事を公開したら、早めに検索エンジンに登録してもらうためにURL検査を行い、

インデックス登録をしましょう。

GoogleサーチコンソールのURL検査の使い方

使い方は簡単です。具体的にどうやってやるのか見ていきましょう。

まず上にある検索窓からインデックスさせたいURLを貼り付けエンターを押します。

検索窓の説明画像

↑これです。

するとURLがGoogleに登録されているか、されていないかメッセージが出ます。

されていない場合、インデックス登録をリクエストというボタンを押しましょう。

これでインデックス完了です。簡単ですね。

混んでいる場合はエラーになることがあるので、その場合はもう一度同じことを繰り返しましょう。

まとめ

URL検査すごく便利ですね。インデックスリクエストをして3分ぐらいたった後

検索してみると登録してあることに感動しました。

これからも学んだことを記事にしていきます。それではまた!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です